リフォーム用断熱材 防水一体型外張りパネル トライウォール

menu

リフォーム用パネル【トライウォール】 トライウォール

menu
耐震補強+断熱改修+遮熱効果
3つのプラスを叶える
住宅リフォーム用パネル
  • 屋根
  • ノンフロンウレタン
リフォーム用パネル【トライウォール】
我が国では30年以上前に耐震基準が見直されましたが、現在も「耐震性が不十分」とみられる住宅が約1,150万戸も存在すると云われています。
地震が多発する我が国において、地震発生時に住宅の被害を最小限にすることは必須です。
また、昨今のエネルギー事情を鑑みると住宅建築物を可能な限り省エネルギー仕様にすることもまた必然となります。
そうした「耐震性能」をはじめ「省エネルギー性能」さらには年々進む感のある温暖化に対する遮熱効果を備えた住まいに再生することを目的に開発されたのが「トライウォール」です。

01
合板・断熱材・透湿防水シートが付いた
『一体型パネル』

合板・断熱材・透湿防水シートが一体型になっているので施工納期の短縮が可能です。


02
耐震・断熱改修に適した
『外張りパネル』

外部からの簡便施工でもしっかりとすき間を埋め、耐震補強・断熱改修・遮熱の高い効果が期待できます。


03
壁倍率は3.8倍取得、
高い断熱性能も発揮

専用ビスの間隔を@150mm以下に固定することで「壁倍率を3.8倍」にすることができ、断熱性能・耐震性能が増しました。

認定書
国土交通大臣認定
3.8の倍率を有する軸組と同等以上の耐力を有する軸組
認定番号:FRM-0455
(平成25年6月27日 国住指第491号)

04
断熱素材に地球環境にも配慮した
ノンフロン硬質ウレタンフォーム
を採用

ノンフロン硬質ウレタンフォームとは省CO2で熱伝導率を抑え、断熱性を高めた構造の次世代基準に対応したウレタン素材です。
地球温暖化の原因のひとつと言われるフロンガスの排出がゼロのウレタン素材で、住まう人の環境をしっかり守ります。

各断熱材の断熱性比較(熱伝導率)


05
透湿防水シートには
「タイベックシルバー」を採用し
遮熱効果を向上

「タイベックシルバー」は、高密度ポリエチレン不織布にアルミニウムを蒸着させ、繊維の一本一本に抗酸化樹脂コーティングを施しているため長期間使用しても遮熱性・防水性・アルミニウムの劣化を防ぐ強靭な遮熱シートです。

データ
Data

物性値
項目 物性値 根拠など
熱伝導率 0.024W/mK 試験方法はJIS A 9511:2006Rに準拠します。
透湿係数 40以下ng/(緕・・s・Pa) 厚さ25mm当たり
ホルムアルデヒド
放散による区分
F☆☆☆☆等級 断熱材はJIS A 9511:2006R 硬質ウレタンフォーム保温板A種2種2号に相当します。

定格・仕様
Ratings & Specifications

仕様
断熱材 硬質ウレタンフォーム2種2号相当品 熱伝導率 0.024W/mK
断熱材厚さ 60mm 熱抵抗値 2.5㎡K/W
面材 構造用合板 9mm
枠材 スギ無等級材
表面仕上げ タイベックシルバー(透湿防水シート)
価格一覧
種類 品番 幅(mm) 長さ(mm) 厚さ(mm) 定価
基本パネル TW927 910 2,730 69 32,000円/枚
TW928 910 2,850 69 33,500円/枚
TW930 910 3,030 69 35,000円/枚
入隅パネル① TW827 848 2,730 69 30,500円/枚
TW828 848 2,850 69 32,000円/枚
TW830 848 3,030 69 33,500円/枚
入隅パネル② TW727 779 2,730 69 29,000円/枚
TW728 779 2,850 69 30,500円/枚
TW730 779 3,030 69 32,000円/枚
開口用パネル TW918 910 1,820 69 23,500円/枚

※付属部材及び納期については、弊社営業所までお問い合せください。
※上記価格には、消費税が含まれていませんので、別途消費税の申し受けをいたします。

トライウォールのよくある質問

トライウォールのサイズオーダーはできますか?

910モジュールでパネル高さは3サイズのみの対応となります。

リフォーム用パネル【トライウォール】の定格・仕様・価格

トライウォールのパネル1枚当たりの重さは?

サイズにより重量が異なりますが、910×2850で約28kgです。

リフォーム用パネル【トライウォール】の定格・仕様・価格

製品の納入方法は?

邸別配送や一括倉庫納入のほか時間指定など、ご要望に合わせて対応いたします。
お問い合わせフォームよりお気軽にご相談下さい。

製品はどこから購入出来ますか?

営業担当より商品説明及び商流の調整をさせていただきます。
詳しくはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

製品の購入後、購入店へのサポート業務はありますか?

FPパネルの販売を通して培ってきた高気密・高断熱施工のノウハウを生かした製品提案や施工アドバイスを行なっております。

全国10拠点でのスピーディーなサポート対応

オリジナル製品の開発は行っているの?

現場の省施工に配慮した断熱パネルや遮熱材と組み合わせた断熱ボードなど様々な製品を取り揃えておりますが、地域の特性に合わせたオリジナル製品やOEM製品の開発も承っております。

製品開発についての詳細はこちらから

ウレタンはフロンを使っているの?

オゾン層破壊対策として2003年末で生産・輸入が全廃されたHCFC-141b(特定フロン)に代わる発泡剤として、一般的には代替フロン(HFC)やノンフロン発泡剤(CO2、HC、HFO)が使用されています。

HFCではオゾン層破壊の問題はありませんが、温室効果ガスに分類されています。当社のウレタンは、ノンフロン発泡剤(CO2、HFO)を使用しており、環境にやさしい製品です。

ウレタンは燃えるの?

硬質ウレタンフォームは自然発火しません。
また、ウレタンの発火点は250℃前後であり、木材とほぼ同じです。(木材は270℃前後)
当社のウレタンは製造段階において難燃剤を混入しているため自消性があり、燃えても表面が炭化するだけで、それ以上の燃焼を続行させない「絶縁体」の役目をしている事も、実験結果から実証されています(自社実験)。

防耐火認定の外壁の仕様はどうなっていますか?

各製品により仕様が異なります。
お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

現場発泡ウレタンとの違いは?

現場発泡のウレタンは、主成分のA液とB液、それに接着性の溶剤等を同時に混ぜ合わせて、現場で吹き付け発泡させます。
現場で施工するため職人の技量や発泡時の温室度環境などにより均一な性能が出ない可能性があります。
対して当社のウレタンは、自社工場の安定した環境と最適に管理されたプレス機によって製造することにより、常に安定した品質を維持しています。

よくある質問をもっと見る

トライウォールについてもっと詳しく
お電話でのお問い合わせ
0120-901-966