低コストで自由にデザインできる木質トラス ウッドトラス

menu

木質トラス【ウッドトラス】 ウッドトラス

menu
低コストで自由な
大空間デザインが可能
  • 屋根
木質トラス【ウッドトラス】
“トラス”は、三角形を単位として構成された構造形式のこと。
小屋組みにウッドトラスを採用することにより大スパンを可能とし、大空間を実現できます。
木造住宅はもちろん店舗や倉庫等、ささえる柱がなく広い空間を必要とする場合に適しています。

01
自由な大空間デザインが可能

ウッドトラス工法では、梁で屋根を支える従来の木造建築物とは異なり、2点支持で設計が可能です。建物内部に荷重を落とさないため支持壁などが不要となり、自由な大空間の確保が可能となります。
また、あらゆる屋根形状に対応が出来、木造2×4工法はもちろん、従来の木造軸組工法、S造、RC造など、様々な建築物にも簡単に使用することができます。


02
施工時間の短縮が可能

工場生産をすることで、小屋組を部品化でき、現場施工時間を大幅に短縮します。

03
自由な設計に対応

ウッドトラスは物件毎に設計するので、最適なトラスプランをご提案いたします。


04
独自の生産ラインで
高品質を維持

ISO14001取得工場により徹底した品質管理をしております。一般的なトラス工法では、小屋組の強度を高めるために、所定の強度を持つ厳選された製材を使用するとともに、設計図に従って正確に製材を切断し、組み立てなければなりません。そのためFPコーポレーションでは、人手による製品のバラつきを極力無くし、かつ生産コストの低減化を図るため独自の生産ラインを確立しています。

  1. 1 仮止め
    木材同士を繋ぎ、ハンマーで仮止めします。
  2. 2 仮締め
    片ローラープレスでトラスを仮締めします。
  3. 3 本締め
    両面ローラープレスでトラスを本締めします。
  4. 4 製作完了
    自動積立作業が完了し、各現場に出荷されます。

事例紹介

ウッドトラスの構造は、スパンを広くしても荷重によるフレームの歪みが小さいという大きな特長があります。
このため、一般住宅から倉庫・商業用施設・施設など、多様な用途・規模の小屋組に用いることが可能です。

コンビニ

コンビニエンスストアが
FP工法を採用!

鉄骨店舗から木造店舗へ、
コンビニスタイルもエコの時代へ

今や私たちの暮らしにすっかり身近な存在となったコンビニエンスストア。各方面でさまざまなエコ活動が行われるなか、コンビニ業界も例外ではありません。
業界大手のファミリーマートは、2008年2月より単独立地型の店舗に従来の鉄骨造から一部の店舗に木造を取り入れ、2009年9月より本格採用。
製造時や建設時のCO2排出量の削減とともに、開店後の電力使用量の削減も可能にする環境配慮型の建築方法として、私どものFP工法がパートナーに選ばれました。

定格・仕様
Ratings & Specifications

ウッドトラスの仕様、価格はこちらからお問い合わせください

お問い合わせ

ウッドトラスのよくある質問

トラスの長さに制限はありますか?

積雪やその他の条件により、最大長さは異なります。
詳しくは、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

製品の納入方法は?

邸別配送や一括倉庫納入のほか時間指定など、ご要望に合わせて対応いたします。
お問い合わせフォームよりお気軽にご相談下さい。

製品はどこから購入出来ますか?

営業担当より商品説明及び商流の調整をさせていただきます。
詳しくはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

製品の購入後、購入店へのサポート業務はありますか?

FPパネルの販売を通して培ってきた高気密・高断熱施工のノウハウを生かした製品提案や施工アドバイスを行なっております。

全国10拠点でのスピーディーなサポート対応

よくある質問をもっと見る

ウッドトラスについてもっと詳しく
お電話でのお問い合わせ
0120-901-966