壁・床・屋根用断熱材 FPパネルは無結露50年保証

menu

FP会員販売製品 高機能パネル【FPパネル】 FPパネル

menu
まるで魔法瓶のような住まい
夏涼しく、冬暖かい。
いつでもどこでも、年中快適
  • 屋根
  • 天井
  • ノンフロンウレタン
高機能パネル【FPパネル】
人が健康で快適に暮らせる環境は、夏で26~29℃、冬で19~22℃、湿度は40~60%くらいといわれています。私たちの住む日本はどの地域でも自然のままの快適な温度で過ごせるのは1年のうち数ヶ月しかありません。 そこで、1年を通じて快適な環境を保てる住まいをめざし、「FPパネル」は生まれました。屋根・壁・床3つのFPパネルで優れた断熱性、気密性、高い遮熱性を実現、全国のみなさまに快適な暮らしをお届けしています。

屋根・壁・床で使える

屋根 にはFP遮断パネル

  • ○アルミ遮熱シートが屋根からの輻射熱を大幅に抑えます。
  • ○2層の通気層が対流の熱を奪い排熱させ、屋根の蓄熱を大幅カット!
  • ○太陽熱の遮断により、小屋裏スペースの有効活用を可能にします。

にはFPウレタン断熱パネル

  • ○硬質ウレタンフォームによる高い断熱性能!
  • ○耐水性・耐久性に優れ、経年劣化がほとんどありません。
  • ○FPパネル自体の強度が、構造体と一体となって建物の耐震性を向上させます。

にはFP床パネル

  • ○パネルとウレタンの一体型による強さで、荷重によるたわみの心配がありません。
  • ○ウレタンの優れた断熱性と保温性が床下からの冷気・湿気をシャットアウト!

高断熱・高気密

断熱力は4.37
熱伝導率は0.024W/mK

断熱力(熱抵抗)=使われる断熱材の厚さを熱伝導率で割った数値です。
数値が高い程、断熱力があります。実際の効果を比較する際に用いられます。標準で105mmのウレタン断熱パネルの断熱力は4.37。他の工法と比べても高い数値を示していることがわかります。

他の断熱材との断熱力の比較

※数値はグラスウールはJIS A9521より引用、ポリスチレンフォームはJIS A9511より引用、硬質ウレタンはJIS A9511より硬質ウレタンフォーム保温板A種2種2号を引用


耐震性能

業界初!
FPウレタン断熱パネルが壁倍率の
大臣認定を取得

FPウレタン断熱パネル(筋交いなし壁パネル)が壁倍率2.1倍の国土交通大臣認定を取得しました。
耐力面材や筋交いのないパネル枠と一体成型された硬質ウレタンフォームが主耐力として認められた壁倍率の大臣認定は、業界初※となります。

※当社調査による。


プレスリリースはこちら

認定書
国土交通大臣認定
2.1の倍率を有する軸組と同等以上の耐力を有する軸組
認定番号:FRM-0532
(平成28年3月31日 国住指第4017号)

断熱 + 耐震 =
FPウレタン断熱パネル!

FPウレタン断熱パネル(筋交いなし壁パネル)を使用するだけで、従来は別々に作業を行う必要があった断熱施工と耐震施工が同時に行え、工期の短縮が可能となります。


ウレタン断熱材の
強度・耐久性が認められた!

大臣認定取得のため、硬質ウレタンフォーム自体の強度や劣化、寿命に関する様々な試験を実施。
これにより、あらためて当社製造のウレタン断熱材が経年劣化が極めて少なく高強度の断熱材であることが実証されました。


水害に耐えたFPパネル

1998年の高知豪雨では高知市の総合住宅展示場が大きな被害を受け、「FPの家」のモデルハウスも床上2mまで泥につかりましたが、約3週間で原状回復。5年間の展示期間を終え、解体現場をご覧になったお客様がFPパネルの性能に感心され、モデルハウスのパネルは新たな「FPの家」に生まれ変わりました。


水に強く湿気に強い
壁体内結露の心配無用

FPパネルは経年変化も性能劣化も少ない高耐久の証として、素材内部について50年の無結露を保証しています。


スーパーQテクノロジー
究極のQ値で
より優れた高性能の住宅へ
高断熱・高気密住宅のパイオニアにふさわしい住宅づくりに取り組んでいます。

FP会員販売製品 プラチナFPパネル プラチナFPパネル

世界最高レベルの断熱性能(熱伝導率)
0.020W/mK
  • ノンフロンウレタン

新発泡剤(HFO)を使用し、
さらに断熱性能を向上させた
ウレタン断熱パネル!

FPパネルは環境負荷軽減のため、2000年より発泡剤を水発泡 (CO2) にすることでノンフロン化を実現しました。

そして当社はFPパネル誕生から30周年を機に、FPパネルのさらなる断熱性能の向上を目指し、「プラチナFPパネル」を開発・販売いたしました。
「プラチナFPパネル」は様々な技術的課題を克服することにより、工場生産品の住宅用ウレタン断熱材としては業界初となる、新発泡剤 (HFO) を採用しています。

「プラチナFPパネル」は新発泡剤 (HFO) を採用することにより、断熱性能を向上するとともに、水発泡 (CO2) と同等の環境負荷軽減を実現しています。

各断熱材の断熱性比較(熱伝導率)

新発泡剤(HFO)
※プラチナFPパネルに使用している新発泡剤(HFO)はフロン排出抑制法の対象外として確認されており、ノンフロンマークを適用されております。

事例紹介

FPパネルは、戸建て住宅のほかに集合住宅・倉庫・店舗への使用が可能なほか海外でも幅広く活用されております。

コンビニ

コンビニエンスストアが
FP工法を採用!

鉄骨店舗から木造店舗へ、
コンビニスタイルもエコの時代へ

今や私たちの暮らしにすっかり身近な存在となったコンビニエンスストア。各方面でさまざまなエコ活動が行われるなか、コンビニ業界も例外ではありません。
業界大手のファミリーマートは、2008年2月より単独立地型の店舗に従来の鉄骨造から一部の店舗に木造を取り入れ、2009年9月より本格採用。
製造時や建設時のCO2排出量の削減とともに、開店後の電力使用量の削減も可能にする環境配慮型の建築方法として、私どものFP工法がパートナーに選ばれました。

サハリン住宅

「FPの家」厳寒の地、
サハリンに上陸

気候風土に合った「FPの家」が
人々の暮らしを笑顔に変える

2008年、当社はロシア・サハリン州に最適な省エネ住宅を開発し提案するために、現地に本社を置き、建設会社や資材会社を子会社に持つ投資会社フィネコ社と技術提携を結びました。2009年2月ユジノサハリンクス市に「FPの家」のモデルハウスがオープン。一般公開した3日間で延べ350名もの入場者を集めるほどの盛況ぶりで、地元紙は一面トップ記事で伝えるほどの話題となりました。冬季の平均気温がマイナス20℃以上にもなる厳寒の地に根を下ろした「FPの家」は、世界標準の大きな一歩を踏み出しました。

  • 左(多くの地域住民が訪れたモデルハウスの一般公開。)
    右(ローカルテレビ局でも報道され、知名度も急上昇。)
  • 同展示会にFP特別会員であるフィネコ社が「FPの家」の展示を行い、主催者でもあるサハリン州政府より展示特別賞を受賞しました。
    左(建築建材展示会の関係者による集合写真。)
    右(サハリン州の副知事と建設局長もブースを視察。)

「FPの家」グループ会員工務店の声

「FPの家」の会員募集についてはこちら

  • 工務店が加盟するメリットとして私自身が感じているのは、FP工法による高気密・高断熱の本物の住まいづくりを軸に、独自の提案を加えて徹底的に差別化を図れることです。また、もうひとつ重要なこととして地域の工務店が持続する経営を目指すために、「FPの家」グループの持つ組織力や加盟工務店同士の交流を通じて、営業的な成功事例を直に学べることです。自社の知恵や経験だけでは、限界がありますからね。
  • 「FPの家」グループには次代を担う立場の方も多く、若い世代の方々と情報交換できることが力になります。次世代の経営者として夢や悩みを共有できるのは心強いです。
  • 「FPの家」を建てているのは地域の小さな工務店です。性能的な優位性は持っていても、法的制度への対応力や大きなプロジェクトを推進するには交渉力が弱いこともあります。それを打破できるのが「FPの家」グループの組織力なのです。地域で生き残る工務店になるためには、「FPの家」グループの組織力が大きな力になるはずです。
  • 在来工法しかやらないと決めていた大工の私が「FPの家」にほれ込んだ理由は、在来工法の良さをそのままに、最高の性能を出せること、それが数値で証明できることです。とにかく勉強が好きなグループで、これほど真剣に勉強し、成果を気軽に教え合うグループなんて他にはないでしょうね。
  • 設計者の立場からみて「FPの家」の最も優れているところは温湿度のバリアフリーが実現できるということ。均一な温度環境は、家で過ごす時間の長い女性の体調維持や家事のしやすさ、家事同線を考える上で大切なことですから。
  • 全国的な組織力が背景にあることをうまく伝えられれば、地域を基盤にする工務店の信頼度はさらに強まります。お客様は真剣になるほどあらゆる情報を集めようとされますが、そんな場合にも「FPの家」グループの総合力を活用すれば、必ず納得していただけます。

FPパネルのよくある質問

サイズオーダーはできますか?

製品によっては可能です。また、オリジナル製品としての対応も可能です。
詳しくは、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

FPパネルのパネル1枚当たりの重さは?

サイズにより重量が異なりますが、803×2850で約25kgです。

高機能パネル【FPパネル】

FP会員になる条件は?

入会資格に関しては、(株)FPコーポレーションによる決算報告審査や面接審査などの入会審査があり、これをクリアーした上で、かつ、地域のグループ会員の合意を得られる企業であることが条件となります。
また、各地域の人口や世帯数により会員数を限定しています。

詳しくは「FPの家グループサイト」をご覧ください。

製品の納入方法は?

邸別配送や一括倉庫納入のほか時間指定など、ご要望に合わせて対応いたします。
お問い合わせフォームよりお気軽にご相談下さい。

製品はどこから購入出来ますか?

営業担当より商品説明及び商流の調整をさせていただきます。
詳しくはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

外皮計算業務は行っていますか?

承っております(有償)。また、一次エネルギー計算も承っております。
ご用意いただく書類など、詳しくはお問い合わせください。

製品の購入後、購入店へのサポート業務はありますか?

FPパネルの販売を通して培ってきた高気密・高断熱施工のノウハウを生かした製品提案や施工アドバイスを行なっております。

全国10拠点でのスピーディーなサポート対応

オリジナル製品の開発は行っているの?

現場の省施工に配慮した断熱パネルや遮熱材と組み合わせた断熱ボードなど様々な製品を取り揃えておりますが、地域の特性に合わせたオリジナル製品やOEM製品の開発も承っております。

製品開発についての詳細はこちらから

ウレタンはフロンを使っているの?

オゾン層破壊対策として2003年末で生産・輸入が全廃されたHCFC-141b(特定フロン)に代わる発泡剤として、一般的には代替フロン(HFC)やノンフロン発泡剤(CO2、HC、HFO)が使用されています。

HFCではオゾン層破壊の問題はありませんが、温室効果ガスに分類されています。当社のウレタンは、ノンフロン発泡剤(CO2、HFO)を使用しており、環境にやさしい製品です。

ウレタンは燃えるの?

硬質ウレタンフォームは自然発火しません。
また、ウレタンの発火点は250℃前後であり、木材とほぼ同じです。(木材は270℃前後)
当社のウレタンは製造段階において難燃剤を混入しているため自消性があり、燃えても表面が炭化するだけで、それ以上の燃焼を続行させない「絶縁体」の役目をしている事も、実験結果から実証されています(自社実験)。

詳しくは「FPの家」グループオフィシャルサイトへ

FPパネルについてもっと詳しく
お電話でのお問い合わせ
0120-901-966